読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングホリデー 現地にて必要なもの 

さて現地の空港に着きました。次は何が必要になるでしょうか?

 

まずは市内へ出るための情報です!

 

どの空港も市内からは離れているので、シャトルバス、路線バス、電車、路面電車、タクシーまたは徒歩でとどの交通機関を使うかも必要な情報だと思います。ある程度のことは日本でネットや本から得たりできますが、では現地ではどのように情報を得るのかをシェアしたいと思います。

 

・無料のwifi情報収集

どの空港にもwifiは通っているので携帯やパソコンで調べることができます。

 

f:id:tasmaniandevillaketekapo:20160815162951j:plain

f:id:tasmaniandevillaketekapo:20160815163009j:plain

・インフォメーションセンター(観光内所に行ってみる

空港内にあります。ただし対応は英語のみかもしれないですが、日本語で書かれているパンフレットや地図をGETできるはずです。空港内のバスや電車までの乗り場を案内もしてくれます。

 

・バス、電車で市内へ出る

空港から市内までは離れていることが普通です。なのでどうやって行っていいのか分からない場合はインフォメーションセンターに確認する。乗り場だけを聞くなら空港の職員さんなどに尋ねると教えてもらえますよ。

 

f:id:tasmaniandevillaketekapo:20160815163204j:plain

f:id:tasmaniandevillaketekapo:20160815163210j:plain

f:id:tasmaniandevillaketekapo:20160815163215j:plain

空港から直で市内へ出るならシャトルバスタクシーが便利です。ただ金額が高い。

 

f:id:tasmaniandevillaketekapo:20160815163135j:plain

f:id:tasmaniandevillaketekapo:20160815163144j:plain

路線バス電車は前記よりもとても安くいけます。でも降りるところが分からないととても不安になるので事前に降りる所の駅名をチェックしておくことが必要です。バスだと乗るときに運転手さんに行き先を伝えると教えてくれるときもあります(めんどくさがる人も中にはいますがソレは気にしない)。なぜなら路線とは言っても日本のように次のバス停を毎回知らせてはくれません(大きなバス停のみアナウンスがあります)。

 

さあ、市内に着きました

これから新生活の始まりです。そう生活をしていかないといかない!

 

着いてから欲しい情報は

1宿

2携帯電話を買えるお店

3仕事をするために必要なID登録(ニュージーランドならIRDナンバー)

4銀行口座開設にあたって必要な書類

5コミュニティーサイト

6仕事の情報サイト

 

1~6までの情報は、エージェントを通してきている方ならそこから得ることが出来ます。

現地にエージェントが多数あるのでそこを活用することもおススメしたいです。

 

では、何も決めずに外国に来たらどうするか?以下に僕の方法を書いてみます

 

宿

 

 宿のタイプがいくつかあるので紹介!

・バックパッカーズ(通称、バッパー):ワーホリ、格安旅行者(バッパー)ならここ

・モーテル :車旅、カップルや少人数での短期旅行に最適

・ホテル:短期観光旅行ならぜひ利用したい

・ロッジ:テントはないがキャンプ気分を味わうならグッド

・キャンプ場:山登り、超格安旅、キャンプ好きは行こう!

 

 

・インフォメーションセンターに行く

まずはどこの街にもあるメインとなるインフォメーションセンターを目指します。

 

 

もし英語に自信がなくても、日本人経営のところや日本人旅行者が多く滞在しているところを紹介してもらうことが可能です。情報は英語より日本語のほうが100%理解できるものですよ(^^♪